住宅リノベーションの際の設計の流れ

家を持ちたい人へ

先日、妻の実家がリノベーションを検討中とのことでお話を聞いてきました。この機会にリノベーションを設計事務所に依頼した場合の流れをご紹介します。リノベーションを設計事務所に任せる際の参考イメージになればと思います。

設計事務所が住宅のリフォーム設計をする際の流れ

(一例です。事務所によって多少前後あります。)

1.顔合わせ、要望聞き取り

2.間取り確認、採寸。次回打ち合わせまでに図面のCAD化、2~3パターン提案スケッチ、可能であればざっくりしした金額予想

3.提案を元に要望の聞き取り。土台などの現状把握のために可能であれば部分的に解体※1

4.修正案を元に要望の聞き取り※2

5.3と4を数回繰り返したのち方針を決定(ここまでは間取りをどうするかという大枠の話がメイン、基本設計と呼ぶ)

6.使用する材質、色、器具、など詳細な要望の聞き取り。次回打ち合わせまでに上記の選定

7.提案の確認、変更

8.6と7を数回繰り返したのち設計図面の完成(6~8を実施設計と呼ぶ)確認申請が必要な場合は確認申請図面を作成し申請を通す。(普通の家のちょっとした改修であれば不要なことが多いです。)

9.工務店に見積り依頼。リフォームの場合はもともと建てたところに依頼することが多いですが、その他の工務店に複数依頼することもあります。解体工事を別に発注する場合は解体工事も見積もりに出します。※3

10.見積もり、顔合わせの感じを元に工務店の選定。

11.工事契約締結※4

12.解体工事着工※5

13.改修工事着工

14.竣工検査

15.引き渡し

1:改修の場合解体してみないと建物が予想以上に痛んでいないか、要望の内容が実現可能か、が確認できない

2:設計契約をするかどうかは4.の前後あたりで決定を求める設計事務所が多いと思われます。事務所によってはここで支払いが発生します。1.2.3.については物件までの距離にもよりますが無料または低額での相談のところが多い印象です。

3:解体業者と施工業者、別々に工事契約を結ぶ場合と、解体を施工業者の下請けとする場合の2パターンがあります。後者の方が、連携がうまくいきやすいです。

4:工事契約は工務店との契約ですが、同時に設計者が工事監理(設計者が図面通り施工されているかなどの現場確認作業)を行うかを決めることが多いです。

※5:設計の段階で施工業者が決まっている、壊しても生活に支障がないなど条件が揃えばより前の段階で解体します。早い段階で壊せると計画、見積もりの精度が上がります。

現在進行中の実例

ついでなので、今回したこと、今後の流れを紹介します。

まず実測

妻の記憶で書いた間取り図(ただの四角を並べた図)を下敷きにして、採寸、柱の位置、窓、建具の位置を記していきます。

方針の提案

今回は事前に妻の記憶による間取り図(少々間違っていましたが)があり、大まかな要望を聞いていたのでそれを元に2パターンほど改修案を持っていきました。

上記の流れの1~3が1回の打ち合わせで済んだ感じです。

タイトルとURLをコピーしました