音楽

初源的な音楽からうける感動は音楽の上達とともに消えてしまう。上達すると超絶技巧による感動を指向するほかなくなってしまう。それでも感動(なんだ!?と人をおどろかせるものにはなる)はするが前言のものとは種類の異なるものだ。
主人公はそれを理解してか知らずか上達し始めた途端に「あきた」と言ってやめてしまう。突然はじめた笛でライブに参加し最初の感動を再び生み出す。「うおー!」と言外の叫びをあげる
坂本慎太郎はゆらゆら帝国解散の理由をバンドが完成してしまったからと語っていた。
また、目指している音楽を「人類滅亡後も地球に鳴り響く音楽」と語っていた。
最初の感動と磨き上げることによる感動を同居させる形でクライマックスを迎える

古美術:写真がない時代の美術は貴族への献上品であり、技術が重要視される。絵画ならばいかに写実的であるか、彫刻ならいかに繊細か。
「やってはいけない」がある
古武術:かたなし
「やってはいけない」がない

コメント

タイトルとURLをコピーしました